.

インフルエンザ予防接種費用補助金について

令和3年度 インフルエンザ予防接種助成についてのお知らせ

 長野原町では個人の負担を軽減するため、以下のような助成を行っています。
 

1.65歳以上の方〔定期接種〕
 
65歳以上の方は、毎年1,000円の自己負担により接種できます。
 なお、県外の医療機関や県内の一部医療機関で接種する場合は、一旦全額を負担して下さい。
 その後、接種済み証と領収書を添えて役場で申請いただくと、全額が助成されます。

 (印鑑と振込先の口座番号が必要です)
 60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、肺等機能不全の方も同様です。

2.中学生までの方
 中学生までの方には、接種費用全額の助成を行います。
   町内の医療機関で接種された場合、費用を負担していただく必要はありません。
   なお、町外及び県外の医療機関で接種された方は、一旦全額負担していただき、
   その後、接種のわかる領収書等を添えて役場に申請していただくと、全額が助成されます。
   (印鑑と振込先の口座番号が必要です)

3.住民税非課税世帯、生活保護世帯の方
 
住民税非課税世帯、生活保護世帯の方については全額の助成を行います。
 医療機関で、一旦、全額を負担していただき、その後、接種のわかる領収書等添えて役場に申請していただくと、全額助成されます。(印鑑と振込先の口座番号が必要です)

4.1~3に該当しない16歳から64歳までの方(令和3年度限りの助成です)
 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行を見据えて、感染症対策として、インフルエンザ予防接種を受けた方に対して、3,000円の助成を行います。
 医療機関でいったん金額を負担していただき、その後、接種のわかる領収書を添えて、役場に申請していただきます。(印鑑と振込先の口座番号が必要です。)
 なお、申請受付は10月18日(月)からとなりますので、ご了承ください。

※他制度の補助と町の補助が接種費用額を超える場合は、接種費用額までを助成します。
※接種費用額が、町助成額を下回る場合は、接種費用額までの助成とします。
※領収書の内容で、接種不明の場合は接種済証等、接種のわかるものの写しが必要です。


5.助成の期間について
 
助成の対象は、令和3年10月1日から令和4年3月31日までの間に接種を受けたものです。
 それ以外の期間に接種・申請された場合は、対象となりませんのでご注意下さい。

 〔定期接種〕
  法律に基づき国や自治体等が接種を奨めているものです 

 〔任意接種〕
  定期接種以外をいい、必ず接種しなければならないものではありません


  ※不明な点は役場町民生活課までお問い合わせください。

 

ダウンロード

お問い合わせ

長野原町役場 町民生活課

. 電話 0279-82-2246