.

移住者向け空き家活用事業について

長野原町では、移住定住の推進による人口減少対策と若年層人口の増加を目的として、町内の空き家を活用する「長野原町移住定住促進空き家活用住宅事業」を実施しています。

事業の概要は以下のとおりです。

◆長野原町移住定住促進空き家活用事業の概要
■この事業は、長野原町内の空き家を活用し住定住を促進することで、人口減少対 策や若年者人口の増加を図るために実施する事業です。
■町内にある空き家を長野原町が空き家所有者から10年間の期間を基本として借 り受けます。この貸借期間中は、当該空き家にかかる固定資産税等は免除としま す。
■長野原町は、所有者より借り受けた空き家に対し、国の補助金を利用して改修 (リノベーション)を施工し、比較的安い家賃で移住希望者に賃貸します。
■移住希望者は、3年間を基本とした期限で入居できます。
■空き家所有者との貸借期間満了後は、リノベーションされた住宅を所有者にお返 しします。

jigyou image

◆空き家の募集
■当該事業に使う空き家については、公募とし、募集期間は随時となります。
■事業に利用されることを希望する所有者の方は、長野原町に申請書を提出してい ただきます。
■申請があった建物につきましては、現地での調査等を経て、利用の可否について 判断をします。建物の結果、築年数、建物の状態等により、使用不可と判断され る可能性もあります。
■また、予算等の都合により、次年度事業の対象となる場合があります。

 

 ◆空き家の改修
■空き家の改修は、耐震補修や設備関係の更新を中心に行います。費用は国の補助金も活用します。

 

◆移住(入居)者について
■移住(入居)者としての条件は、町外在住者で入居後は長野原町に住民登録をす ることができる人です。
■移住(入居)希望者の募集は期限を定めた募集期間内に申請書を提出することと します。
■移住(入居)者は、前出の条件に合致していれる申請者の中から、より事業目的 (人口減少対策、若年者人口の増加)の達成に近い申請者を選定し入居を許可し ます。
■入居期間は3年間を基本としますが、理由により、延長も可能としています。

 

◆家賃の算定
■家賃につきましては、当該住宅の改修に要した改修費の他、上下水道加入費、火 災保険料、固定資産税等により算出します(上限30,000円)。

 

◆貸借期間終了後は
■所有者との貸借期間(10年)を満了した家屋については、そのまま所有者にお返 しいたします。



長野原町内に空き家を所有・管理されている方へ
 本事業に空き家を提供いただける場合は、まずは役場企画政策課にお問い合わせください。また、申請につきましては、下のダウンロードより「空き家活用住宅貸出申請書(docxかpdf)」をダウンロードいただき使用できます。

長野原町に移住を考えられている方へ
 長野原町役場企画政策課にお気軽にお問い合わせください。物件情報、周辺情報等、ご相談を受けさせていただきます。また、空き家活用住宅の利用を希望される場合には、「空き家活用住宅利用申込書(docxかpdf)」をダウンロードいただき使用できます。

ダウンロード

お問い合わせ

長野原町役場 未来ビジョン推進課 水源地域振興係

. 電話 0279-82-2229. FAX 0279-82-3115